国内業者とは比べ物にならないレバレッジや様々な場面で発生するボーナス制度など、海外FXのメリットを聞くと、詐欺ではないか利用をすると被害に遭うのではないかと、疑ってしまう人もいるでしょう。

詐欺目的の業者を利用してしまった場合は、資産を失うなどの詐欺被害に遭ってしまう可能性がありますが、口コミでも評判となるほど安定経営を続けている業者であれば、安心して利用をすることができます。ただ、そんな海外FXに登録をする前に、しっかりと確認しておきたいのが担保文言です。

条件が良く、少ない自己資金でも本格的なトレードができることで人気の海外FXは、副業にも最適です。ただ、海外FX業者の多くは、日本の金融庁に登録をしていません。

日本の金融庁に登録をしていない業者と関わると、罰せられるのではないかと考える人もいますが、日本に住む人が海外FXを利用すること自体は違法ではありません。ただ、問題となるのが海外FXが日本在住の人に対し、勧誘行為を行っていた場合です。

納税さえしっかりとしておけば、違法になることはないと、口コミでも人気となっている海外FXですが、安心して使えるのは日本居住者を対象としていないという文言がある業者のみです。日本居住者に対する勧誘が行われていると、違法行為を行っている業者と見なされ、大きなトラブルに発展する可能性があります。

日本居住者を対象としていないという文言を見ると、日本人は登録をすることができないのではないか、登録後に返金をして貰えないなどのトラブルに巻き込まれるのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、海外FXに関しては逆の意味となります。日本人が利用しても違法行為とならないようにするための文言となるため、安心して海外FXを利用したいのであれば、担保文言があるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

そして、副業代わりに海外FXを始める際に、もう一つ確認しておきたいのがゼロカットシステムが導入されているかどうかです。ゼロカットシステムが導入されていない場合、相場の暴落などによって大きな損失を出してしまった場合、損失分を補填する追証を求められることになります。

副業として始めたFXで、資産を失うだけでなく、借金まで背負ってしまう状態になったのでは本も子もありません。それだけに、安心してトレードをしていきたいのであれば、万が一損失が出ても追証を求められない海外FXを選んでおくと良いでしょう。